リフォーム-マンション大規模修繕-

比べてみて下さい!まずはお見積もりを。お問合せはこちらからどうぞ。

マンションの資産価値を維持、保全する為、日々の管理業務において今後必要とされる大規模修繕の問題、建設上の問題、地域との問題等の情報収集に努めております。

また、弊社には計画修繕のコンサルティングや工事管理を行う独立した専門部署がありますので、ご遠慮なく、弊社の技術集団をご活用下さい。そうすることにより、組合役員様の負担の軽減、及び工事費の縮減が図れます。

マンション大規模修繕の流れ
マンションの大規模修繕は、工事前の準備と工事後のアフターメンテナンスが非常に重要です。 大規模修繕の流れを計画段階から順に説明させていただきます。詳しくはこちら
マンション各部位の耐用年数
マンションの資産価値を保ち続けるには、日ごろのチェックとメンテナンスが大切です。こちらではマンションで特に劣化しやすい部位の耐用年数の目安をご紹介します。大規模修繕の参考にご覧ください。詳しくはこちら
マンション大規模修繕レポート詳しくはこちら
実際にオークラハウジングが手掛けたマンション大規模修繕工事の様子を写真と共にご紹介いたします。
2017/11/01
マンション防犯対策~外出が多くなる年末年始に備えましょう!~
2017/11/01
マンション防災のススメ
2017/09/01
マンション 大規模修繕 レポート【グラン・コート赤池(愛知県日進市)】
2017/09/01
平成29年度上半期 管理員・清掃員研修会開催
2017/07/01
マンション 大規模修繕 レポート 【グラン・コート新千本通(京都市南区)】
2017/07/01
暮らしランクUPリフォーム<リビング編>

マンション大規模修繕工事の流れ

  1. 修繕委員会の発足
    まず歴代の理事経験者や区分所有者の中で建築や設備等に関係する専門家などからなる修繕委員会(あるいは専門委員会など の特別チーム)を立ち上げます。 修繕委員会は理事会の諮問組織として大規模修繕に関しての活動を行います。
    大規模修繕工事は計画から竣工まで2~5年必要といわれており、1~2年毎に交替する理事では対応することが難しいためです。
    修繕委員会は大規模修繕が終わるまでは固定したメンバーで進めます。
    大規模修繕の時期が近づいたら理事会は『修繕委員会の発足』を呼びかけましょう。
  2. 事前準備
    大規模修繕にあたって必要な書類に不備がないかを確認します。
    図面や契約書、これまでの修繕工事履歴などを整理することが大切です。
    大規模修繕時に必要な書類
    マンションの竣工図面
    • 意匠図面(平面図、立面図、外構図、断面図、建具表など)
    • 設備図面(給排水管図、電気、空調換気、ガス)
    • 構造図面
    資金の把握
    • 修繕積立金額の把握
    • 滞納者の有無、金額の把握
    小修繕工事の記録
    • 見積書
    • 仕様書
    • 契約書
    • 保証書
    法定点検メンテナンス
    • 記録
    • 仕様書
    • 契約書
  3. 劣化状況の把握
    大規模修繕を行うには、まず最初に建物や設備の現状を把握しなければなりません。
    オークラハウジングでは、無料の建物劣化診断書を作成させていただきます。
    提出された報告書を参考に実際の劣化箇所を確認するのも良いでしょう。
  4. 改修工事設計・仕様書作成
    オークラハウジングが劣化診断を基に改修工事の設計書と使用書を作成します。
  5. 総会決議
    大規模修繕を行うことに関して総会で承認を得ます。
    総会のための資料や議事録等の作成はオークラハウジングにお任せください。
  6. 住人説明会の開催
    工事の概要について知らせるとともに、今後の生活に出そうな影響(例:騒音・異臭)についてや工事中の注意点等を周知します。
    説明会に来ない住人も多いため、専用の掲示板を設置し、情報の周知を図ります。
    特に重要な事項は全戸に案内文を配布しましょう。
    大規模修繕ではマンション住人への情報周知の徹底が重要です。
  7. 大規模修繕工事の実施
    工事中の定例会

    修繕委員会は工事期間中、月に2~3回の割合で会議を開きます。
    工事の進行状況について確認を行ったり、住人からの騒音や匂いに対するクレームへの対処方法や追加工事の内容について話し合ったりします。

  8. アフターサービス
    マンションの構造に精通した総合ハウスデベロッパーならではの安全・確実な工事を行うオークラハウジング。
    万が一、工事完了後に問題点等があった場合、オークラハウジングの専門スタッフが誠意をもって対応します。

マンション各部位の耐用年数

適切な時期に適切な修繕工事を行うためには、各部位の耐用年数や気候条件などを把握したうえでの計画表の作成が必要不可欠です。
オークラハウジングでは、建物の構造や素材を知りつくした大倉グループのノウハウを活かし、25年程度の長期的視野にたった長期修繕計画を作成。
暮らしの快適性を維持するとともに、大切な資産価値を守ります。

各部位の耐用年数の目安

共聴設備 15~30年
屋上防水 10~12年
ルーフバルコニー防水 10~12年
バルコニー庇防水 10~12年
バルコニー床防水 10~12年
鉄部塗装 4~6年
照明器具取り替え 20年
給水ポンプ取り替え 12年
受水槽取り替え 30年
機械式駐車機取り替え 20~25年
機械式駐輪機取り替え 13年
構内塗装やり替え 20~25年
目地シーリング 10~12年
タイル補修クリーニング 10~12年
外壁塗装 10~12年
開放廊下・屋外階段防水 10~12年
エレベーター取り替え 30年

マンション管理業務の分割発注も承っております。お気軽にお問い合わせ・お見積もりご依頼下さい。フリーダイヤル:0120-05-1819パソコンでのお問い合わせはこちら。


このページの先頭に戻ります。