不動産仲介

比べてみて下さい!まずはお見積もりを。お問合せはこちらからどうぞ。

マンションのご売却、ご購入、住み替え等も安心してご相談ください。オークラハウジングでは、最先端情報システムを駆使し、適正な価格査定、物件の調査、資金計画の立案、法律・税金の相談まで、お客様の立場に立ったきめ細かなフォローを行います。

ご購入を検討されている方へ

お客様のご要望をヒアリングし、豊富な物件ストックと地域に根ざしたネットワークをもとに、条件にふさわしい住空間をご紹介します。お気軽にお問い合わせください。

ご売却を検討されている方へ

業者によっては、契約を急ぐあまり不当に売却価格を下げるケースもあるようです。オークラハウジングは、売り主様代行の立場で、メリットの大きな仲介業務を行います。

取扱い物件は「at home」にてご確認ください。


不動産仲介Q&A

「売主代理」の立場でメリットの大きな仲介業務を行います。

仲介業務って何?どんなことをしているのですか?

不動産の仲介とは、不動産の売買や賃貸借に関して、売り手と買い手、または貸し手と借り手の間に立ち、売買契約や賃貸借契約の成立をサポートする行為のこと。その業務は、大きく3つに区分されます。

(1)お客様から売買や賃貸借の相談を受け、正式に依頼されるまでの業務(商品化活動)、(2)正式に依頼されてから売買や賃貸借の相手先を見つけるまでの業務(販売活動)、(3)相手先を見つけてから売買契約や賃貸借契約を行い、決済と引き渡しを行う業務(契約・引き渡し活動)。

中でも大倉では、お客様の不安やトラブルを解消する為に(1)と(2)の業務に多くの時間を費やしています。たとえば、仲介業者によっては早く契約にこぎつけたいばかりに売却金額を下げる場合もありますが、大倉はあくまでもお客様の資産価値を守ることを優先。売り主代理としてメリットの大きな仲介業務を行っています。

不動産取引は、やっぱり仲介業者に頼んだ方がいいのでしょうか。

売買や賃貸借において、個人で直接納得のいく条件の相手をみつけるのは、とても難しいことです。相手がみつかった場合でも、個人同士の取引では、後々トラブルが発生する可能性が高くなります。不動産の取引には様々な専門知識が必要で、不動産(土地や建物)についての法律上の権利関係や規制、取引条件などを十分に調査したり確認することは、やはり個人では難しいというのが実情なのです。不十分な調査や確認のまま取引を行うと、契約後のトラブルや苦情のもと。安心で、円滑な不動産取引を進めるためには、やはり知識や経験が豊富な仲介業者に依頼するのが一番なのです。

仲介業者にお願いするメリットは何でしょうか?

不動産取引において、仲介業者を使わない場合、売主様はさまざまな問題を自分で処理しなければなりません。
1. 権利関係の調査は行えるか。
2. 法規制等の調査は行えるか。
3. 価格の妥当性の判断を行えるか。
4. 取引の相手をみつけることができるか。
5. 取引条件をきちんと決められるか。
6. 上記1から5の曖昧さでトラブルや損害が発生した場合は解決できるか。

このような調査や判断は、専門知識や不動産取引の経験が必要なものです。不動産取引の知識や経験が少ない売主様にとっては、かなりの負担がかかり不安を伴うことに。この不安と負担を解消し、問題のない不動産取引を行うために仲介業者を使うメリットは、十分にあるといえます。

不動産の値段はどうやって決まるのですか?

不動産の価格はいろいろな要因によって決まり、その要因自体も常に変化し、お互いに結びつきあっています。

【一般的要因】
・社会的要因:道路や交通などの社会資本の整備状況。
 商業地、住宅地、工業地、農用地などとしての社会的なくくりなど。
・経済的要因:景気動向、金利動向、経済の仕組みの動向、政策動向など。
・行政的要因:不動産関連の法規制、自治体の条例による規制など。

【個別的要因】
・土地の個別性:地形、地勢、道路、用途地域、給排水、交通、面積、周辺環境など。
・建物の個別性:構造、用途、築年数、設備、メンテナンス状況、使用の汎用性など。
・相隣関係:隣地の利用形態、嫌悪施設、臭気、境界、越境物、通行権、使用権など。

売却価格は最終的には売主様に決めていただきますが、仲介業者の中には、少しでも早く仲介手数料を稼ぎたいために売却価格を著しく下げる業者もいます。大倉はこれらの要因を踏まえた上で適切なアドバイスを行っています。安心してご相談ください。

売却にあたって、どこまで事情を話せばいいのでしょうか?

仲介業者は、取引の中で知りえた不動産に関わる情報以外は守秘義務を負っています。取引の相手方に対して不利となるような事情を話すことはありません。売主様が、仲介業者に不動産に関わること以外の事情(売却の背景など)を話しても、決して不利にはなりません。

逆に、売主様が取引の対象になる不動産に関する事情(仲介業者が調査しても確認できないことなど)を仲介業者に話さなかったことが原因でトラブルや損害が発生しても、仲介業者は責任をとることができませんので注意が必要です。また、不動産に関わること以外の事情もお話しいただくことで、売主様と仲介業者の情報共有ができ、仲介業者は不動産取引から派生する問題に対して、より具体的なサポートやアドバイスを行えるようになります。大倉では、売主様の目線に立ち、確かな信頼関係のもと仲介業務を行っています。不動産取引への不安を解消するためにも、どんなことでもお気軽にご相談ください。

物件を売却場合、どういう費用がかかりますか?

不動産取引には様々な諸経費がかかります。売買には色々なケースがありますから、その都度確認が必要になります。

【売買の場合】
1.仲介手数料(売買価格の3%プラス6万円が標準です)
2.登記抹消費用(抵当権等が設定されている場合)
3.測量費用(測量が売買の条件になった場合)
4.譲渡所得税(売却で譲渡益が出た場合、確定申告が必要です)

「どのくらい費用がかかるの?」「手続きが面倒そうだな」という方も、ご安心ください。不動産取引に関わる諸経費の計算やアドバイス、各種手続きのサポートも大倉の仲介なら万全です。

  • マンション管理情報誌 マンションスクエア
  • 選ばれ続けて35年
  • 管理会社を変更したい!
  • まかせて安心。オークラハウジング
  • マンション管理 用語辞典
  • マンション管理組合お役立ちカレンダー
  • マンション管理会社変更までの流れ
  • マンション管理のQ&A
  • 会員制リゾートクラブ「ザ グラン リゾート」
  • 不動産仲介会社の方へ-重要事項調査報告書についてはこちら-
  • 管理組合の皆様へ-書類ダウンロードについてはこちら-

マンション管理業務の分割発注も承っております。お気軽にお問い合わせ・お見積もりご依頼下さい。フリーダイヤル:0120-05-1819パソコンでのお問い合わせはこちら。


このページの先頭に戻ります。